人生の分岐点!クラミジア検査

クラミジアは症状にかかっていても痛みが少なく気づかない人が多い症状です。重度になる前に早期な治療が必要です。このサイトではクラミジアの概要を説明していきたいと思います。

2016年11月の記事一覧

病気の見分け方とクラミジア検査とクラビットの服用

性器クラミジア感染症は、性行為を通じて感染が拡大する病気であり、さまざまな性感染症のなかでも、わが国ではもっとも感染者の数が多いとされているものです。この性器クラミジア感染症にかかっているかどうかの見分け方ですが、男性の場合であれば、尿道から分泌物のようなものが出てくるかどうか、女性であれば、おりものの量がいつもよりもかなり多いかどうかといったことが手がかりになります。また、男性は排尿をする際に違和感や痛み、熱感があったりすることがありますし、女性は性行為のときの痛みや不正出血をともなうといったこともあります。ただし、こうした見分け方だけでは対応できない部分というのももちろんあり、実は性器クラミジア感染症にかかったとしても、症状がまったくあらわれず、そのままクラミジアという細菌が体内に居座ってしまっているという場合も少なからずあるということが挙げられます。こうした場合には見分け方は通用しませんので、かすかでも兆候があれば、病院などの医療機関でクラミジア検査を受けてみるというのがすすめられます。クラミジア検査の方法にも種類がいくつかあるものですが、血液や分泌物をサンプルとして、そのなかにクラミジアに対する抗体が含まれているかどうかを確認するものや、採取した尿のなかからクラミジアの遺伝子がみつかるかどうかを確認するものなどがあります。こうしたクラミジア検査で陽性となった場合には、クラビットのような医薬品によって治療にあたるのがふつうです。クラビットというのは、合成抗菌剤として分類される医薬品であり、口から服用すれば、病気のおおもとになっている部分にすみやかに届き、病原菌を殺菌するはたらきをするものです。

続きを読む