人生の分岐点!クラミジア検査

クラミジアは症状にかかっていても痛みが少なく気づかない人が多い症状です。重度になる前に早期な治療が必要です。このサイトではクラミジアの概要を説明していきたいと思います。

病院での問診とクラミジア検査、その後の診療について

クラミジアという微生物は、性行為を通じて感染しやすいものであり、実際にあらゆる性感染症のなかでも、性器クラミジア感染症のような、クラミジアにかかわるものがもっとも多いといわれています。男性の場合、尿道のなかでこのクラミジアが増殖をしますので、透明かやや白色に近い分泌物が尿道から出てきたり、軽い排尿痛や、尿道のかゆみなどの症状が典型的なものとなります。女性の場合には、男性よりも症状が出にくい場合が多いといえますが、もしも症状があらわれた場合には、おりものが増えたり、下腹部に痛みや違和感があったりといったものになるのが通例といえます。こうした性器クラミジア感染症の症状が出た場合には、まずは婦人科や泌尿器科などを受診することになります。病院でははじめに問診があり、現在の自覚症状やきっかけとなった行為について、あるいは過去の病歴があるかどうか、アレルギーがあるかどうかといったことを確認します。クラミジアへの感染がうたがわれる場合のクラミジア検査は、いくつか方法がありますが、最近ではかんたんで正確な方法として、尿を採取した上で、そのなかにクラミジアの核酸が含まれるかどうかを調べるといったものがあります。こうしたひととおりの検査をすませた上で、医師による診療がありますが、クラミジアのような細菌が原因となる感染症に対しては、抗生物質や合成抗菌剤などが処方されることが多いといえます。こうした医薬品は、きめられた量だけ服用することによって、体内にいる細菌を殺菌したり、増殖を抑制したりすることができるものです。ふつうは錠剤タイプで自宅でかんたんに服用できるものが投与されますが、症状が重いときは病院での静脈注射になります。