人生の分岐点!クラミジア検査

クラミジアは症状にかかっていても痛みが少なく気づかない人が多い症状です。重度になる前に早期な治療が必要です。このサイトではクラミジアの概要を説明していきたいと思います。

手足の痺れもある溶連菌感染症とクラミジア検査

性行為というのは、感染症にかかりやすい機会でもあるといえ、そうした性感染症は、ウイルス、細菌、真菌などといった、病原体の種類によって、症状がそれぞれ異なりますし、また、治療の方針についても変更しなければならないものといえます。こうした性感染症のなかで、もっとも多いものとしては、性器クラミジア感染症と呼ばれるものがあります。性器クラミジア感染症にかかると、男性の場合は、尿道から分泌物があったり、排尿の際に違和感があったりするものです。それに対して、女性はおりものの量が増えるといった兆候がある場合もありますが、ほとんど症状らしい症状がない場合が多いものです。尿や血液、分泌物からクラミジア検査を行うことが可能であり、もしも症状がない場合であっても、こうしたクラミジア検査から、感染しているかどうかの確認をすることは可能となっています。実際にかかってしまった場合には、抗生物質などを投与することによって、治療をすることが可能です。いっぽう、性感染症のなかでも性器クラミジア感染症におとらず多いのが、淋菌感染症と呼ばれるものです。これは淋菌による感染症であって、尿道からうみのようなものが出るとともに、排尿の際にはげしい痛みをともなうのが通例です。のどに感染する場合にあり、そのときは粘膜の痛みや発熱をともなうといった症状になります。これと似ている病気で溶連菌感染症というものがあり、実は溶連菌そりものは常在菌の一種で、子供が感染しやすいもののひとつですが、大人であっても感染することはありえます。のどに感染した場合には、やはり発熱や粘膜の痛み、ほかには手足の痺れといったものが症状の中心となるものであり、しっかりと医師の診断を受けたおいたほうがよいといえます。