人生の分岐点!クラミジア検査

クラミジアは症状にかかっていても痛みが少なく気づかない人が多い症状です。重度になる前に早期な治療が必要です。このサイトではクラミジアの概要を説明していきたいと思います。

クラミジア検査の信頼性とじんましんについて

クラミジアは自覚症状の少ない病気ですが、感染していると他の性感染症にもかかりやすくなると言われています。HIVに感染している人の多くが、クラミジアにかかっているというデータもあります。早期発見・早期治療のために、心当たりがあるなら早めにクラミジア検査を受けるようお勧めします。
すでに自覚症状がある場合、医療機関ではクラミジア検査にも保険が適用できます。しかし症状がないときには自由診療となります。それほど高額ではありませんが、病院へ行く時間がないとか、医師と顔を合わせるのが嫌だという場合もあるでしょう。そういうときは検査キットを利用することができます。
性感染症用の検査キットは何種類も販売されています。クラミジアだけでなく、他の性感染症をまとめて検査できるキットもあります。自宅で検体を採取し、検査機関に郵送すれば、数日で結果を通知してくれる仕組みです。プライバシーにも配慮されており、匿名で検査を受けたり、コンビニで結果を受け取ったりすることも可能です。厚生労働省に認可された検査機関が検査を行なっているので、信頼性も医療機関に劣りません。結果が不明確なときは、無料で再検査をしている会社もあります。目的に合わせて、利用しやすいサービスを選ぶと良いでしょう。
クラミジアが直接の原因になって、じんましんが出ることはありません。ただしリンパ節の腫れや発熱を伴い、1~2週間で自然に治った場合は、HIV感染の初期症状である可能性があります。HIVも検査キットで調べることができます。検査する病原体の種類が多いほど料金は高くなりますが、命にかかわる病気ですから、気になる時はためらわず検査することが大切です。